こんどの演奏会・共演者

アリエッタ交響楽団 第14回演奏会 

ARIETTA SYMPHONY ORCHESTRA TOKYO 14th CONCERT
2021年10月17日(日)13:15開場 14:00開演
和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)
Johannes BRAHMS
ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品77
Concerto for Violin and Orchestra in D major,Op.77

ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン(1770-1827)
Ludwig van Beethoven
交響曲第3番変ホ長調 作品55『英雄』
Symphony No.3 in E-flat major,Op.55 “Eroica”

ヴァイオリン独奏:高宮城 凌
TAKAMIYAGI Ryo,Violin

管弦楽:アリエッタ交響楽団
Arietta Symphony Orchestra Tokyo
ゲスト・コンサートマスター:野尻弥史矢
NOJIRI Mishiya,Guest Concertmaster

指揮:大市 泰範(音楽監督・常任指揮者)
OICHI Yasunori,Conductor

チケット:全自由席500円(前売・当日とも)予定
チケットは以下でお取扱予定です
和光市民文化センターサンアゼリア 048-468-7771
イトーヨーカドー和光店2階サンアゼリアチケットコーナー
e+(イープラス) 〔ウェブ,アプリ,Famiポート〕
ファミリーマート〔直接購入〕

主催:アリエッタ交響楽団 

協力:公益社団法人日本アチュアオーケストラ連盟

後援:和光市・和光市教育委員会

 

お問い合わせ先
E-mail:symphonia.arietta@gmail.com
WEBサイト:http://arietta.3zoku.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/arietta.tokyo
twitter:@A_Orchestra

 

高宮城 凌 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園大学音楽学部卒業。第56.60回全日本学生音楽コンクール福岡大会 第1位。第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会 第3位。いしかわミュージックアカデミー2008にてIMA音楽賞を受賞。第15回おきでんシュガーホール新人演奏会オーディションにてグランプリを受賞。桐朋学園大学Student’s Concert、室内楽演奏会、卒業演奏会に出演。プロジェクトQ第10章に参加。第12回東京音楽コンクール入選。これまでに、マルメ交響楽団、琉球交響楽団、群馬交響楽団と共演。ヴァイオリンを高宮城徹夫、屋比久潤、原田幸一郎、神谷美千子の各氏に師事。室内楽を原田幸一郎、毛利伯郎、徳永二男、堤剛、山崎伸子、磯村和英、池田菊衛、クァルテット・エクセルシオの各氏に師事。サントリーホール室内楽アカデミー第3期フェロー。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ヴァイオリン奏者。

大市 泰範

東京理科大学を経て2014年に東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)を卒業。
在学中にボリス・ベルキン氏によるヴァイオリン協奏曲の公開レッスンを指揮。自身が音楽監督を務めるアリエッタ交響楽団の演奏会では毎回協奏曲をとりあげ、2013年プレミアムオーケストラではヴァイオリニスト藤原浜雄氏と共演するなど協奏曲の演奏に積極的に取り組む。
2017年にはチェコ共和国にて開催されたアッツォ・アルミラ氏のマスタークラスに受講生として選ばれ、アッツォ・アルミラ、ルーク・ドルマン両氏指導の下、ボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。
これまでに指揮を広上淳一、田代俊文、野口芳久、汐澤安彦、橋本久喜の各氏に、声楽を小林彰英氏、音楽理論を村田昌己氏にそれぞれ師事。
現在、アリエッタ交響楽団音楽監督兼常任指揮者。その他各地のアマチュアオーケストラのアシスタントなどを務める。
メンデルスゾーン、シューマンの作品の演奏を得意とし、積極的にプログラムに取り入れている。

 

アリエッタ交響楽団 第15回演奏会 
2022年和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール