こんどの演奏会・共演者

アリエッタ交響楽団 第13回演奏会 名曲総決算。

ARIETTA SYMPHONY ORCHESTRA TOKYO 13th CONCERT
2020年2月2日(日)13:15開場 14:00開演
和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール

フランツ・フォン・スッペ(1819-1895)
Franz von Suppé
喜歌劇『軽騎兵』序曲
Overture to “Leichte Kavallerie”

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
Ludwig van Beethoven
ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 作品73『皇帝』
Concerto for Piano and Orchestra No.5 in E-flat major,Op.73 “Emperor”
(ジョナサン・デル=マーによる新校訂版(2015))

アントニーン・ドヴォルジャーク(1841-1904)
Antonín Dvořák
交響曲第9番ホ短調 作品95『新世界より』
Symphony No.9 in e minor,Op.95 “From the New World”
(ジョナサン・デル=マーによる新校訂版(2019))

ピアノ独奏:秋元 一夢
AKIMOTO Kazumu,Piano
指揮:大市 泰範(音楽監督・常任指揮者)
OICHI Yasunori,Conductor

チケット:全自由席500円(前売・当日とも)発売中
チケットは以下でお取扱中です

和光市民文化センターサンアゼリア 048-468-7771
イトーヨーカドー和光店2階サンアゼリアチケットコーナー
e+(イープラス) 〔ウェブ,アプリ,Famiポート〕
ファミリーマート〔直接購入〕

主催:アリエッタ交響楽団 後援:和光市・和光市教育委員会

楽譜協力:トヨタミュージックライブラリーhttps://www.toyota-music.com/

お問い合わせ先
E-mail:symphonia.arietta@gmail.com
WEBサイト:http://arietta.3zoku.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/arietta.tokyo
twitter:@A_Orchestra

 

秋元一夢 (ピアノ)
AKIMOTO Kazumu

(C)井村重人

東京都出身。7歳より独学でピアノを始める。東京音楽大学大学院鍵盤楽器研究領域を修了。在学中奨学金を得る。ベーゼンドルファー東京主催ランチタイムコンサート、音楽大学フェスティバルコンサート、ピアノ演奏家コース成績優秀者による演奏会に出演。2014年、カワイ表参道サロンにてジョイントリサイタルを開催。2015年作曲家家糀場富美子氏の個展にて「未風化の7つの横顔〜ピアノとオーケストラの為に〜」を演奏。NGPオーケストラ定期公演でラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番を演奏。2017年、癒しの森オーケストラ京都公演にてラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲を演奏。これまでに故・海老原直美、松本愛、野島稔、後上聡司の各氏に、室内楽を土田英介に師事。

 

大市泰範 (指揮)
OICHI Yasunori

東京理科大学を経て2014年に東京音楽大学作曲指揮専攻(指揮)を卒業。
在学中にボリス・ベルキン氏によるヴァイオリン協奏曲の公開レッスンを指揮。自身が音楽監督を務めるアリエッタ交響楽団の演奏会では毎回協奏曲をとりあげ、2013年プレミアムオーケストラではヴァイオリニスト藤原浜雄氏と共演するなど協奏曲の演奏に積極的に取り組む。
2017年にはチェコ共和国にて開催されたアッツォ・アルミラ氏のマスタークラスに受講生として選ばれ、アッツォ・アルミラ、ルーク・ドルマン両氏指導の下、ボフスラフ・マルティヌー・フィルハーモニー管弦楽団を指揮。
これまでに指揮を広上淳一、田代俊文、野口芳久、汐澤安彦、橋本久喜の各氏に、声楽を小林彰英氏、音楽理論を村田昌己氏にそれぞれ師事。
現在、アリエッタ交響楽団音楽監督兼常任指揮者。その他各地のアマチュアオーケストラのアシスタントなどを務める。
メンデルスゾーン、シューマンの作品の演奏を得意とし、積極的にプログラムに取り入れている。

 

アリエッタ交響楽団 第14回演奏会 
2020年7月25日(土祝)
和光市民文化センター サンアゼリア 大ホール