ソリスト・共演者紹介

森 義丸(もり よしまる) チェロ

秋田県出身。
8歳よりチェロを始める。
東京音楽大学卒業及び同大学大学院研究科修了。
Strings Chamber Unit the Bistro W のメンバーとして、第2回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第1位、並びにハイドン賞、聴衆賞受賞。
第12回ブルクハルト国際音楽コンクール室内楽部門入賞(最高位)。
2011年にパノハ弦楽四重奏団のマスタークラスを受講。
Phoenix OSAQA 2015にて、ジャパン・ストリング・クヮルテットのマスタークラスを受講。
プロジェクトQ?第13章、第14章に参加。
第2回音楽大学フェスティバルオーケストラに参加。
大市泰範指揮のアリエッタ交響楽団と2014年にドヴォルザークのチェロ協奏曲を、2017年にブラームスのヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲を共演。
これまでにチェロを苅田雅治、河野文昭、羽川真介、羽川武、藤原ケイ子、ドミトリー・フェイギンの各氏に、室内楽を﨑谷直人氏に師事。

※過去演奏会のソリストご紹介はこちらから


Comments are closed.